【プレビュー】セガプライズから『電撃文庫FC』キャラ続々! 4月登場予定の第1弾『俺の妹』高坂桐乃デコマス撮りおろし!

By on 2015年3月18日

セガから発売中の『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』は電撃文庫の人気作品の主要キャラが登場する対戦格闘ゲーム。作品の枠を越えて様々な人気キャラをプレイヤーキャラとして使用可能です。これまでイベントのレポートしてきたように、セガプライズからそのプレイヤーキャラ12人のフィギュアが連続登場! その第1弾となるのが4月登場予定の高坂桐乃です。『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のメインヒロインで、これまでもセガプライズからも多数のフィギュアが発表されていますが、このフィギュアはまたちょっと変わったものになっています。そのデコマスを撮影してきましたので、見えにくいところもじっくりご覧いただきましょう!

DSC07691電撃文庫 FIGHTING CLIMAX ハイグレードフィギュア“高坂桐乃”(4月上旬登場予定)

ゲームでも桐乃の基本コスチュームはいつものセーラー服。ただし、コスプレで戦うという特性があり、一瞬様々なコスチュームに着替えています。フィギュア化されたのはクライマックスアーツ「真☆コスプレ乱舞」で一瞬見せるこのコスチューム。これはセガプライズの宣伝隊長に就任したときの衣装なのです(プライズフィギュアも登場しました)。手にした大きな武器は『PHANTASY STAR ONLINE2』のフォシルヴィクターということで、セガとのコラボにもなっているのです。

対戦格闘ゲームのキャラということで、デフォルトの向きはこのアングルで、横顔が見えるだけ。ということで別アングルをご覧いただきましょう。

DSC07654 DSC07658
DSC07691 DSC07686

巨大な武器と女の子の組み合わせは基本パターン。派手な武器と意外と露出の多いコスチュームは鉄板の組み合わせです。全高は約16センチ。

DSC07696 DSC07685
DSC07672

コスチュームアップや武器全体もご覧ください。お腹周りの微妙な起伏も確認出来ます。また、このアングルで見ると武器の巨大さに圧倒されます。

ポーズの関係で、どの角度で見ても顔が全部は見えないという特徴もあるこのフィギュア。特別に顔もご覧いただきます。

DSC07702桐乃らしい笑顔で、チャームポイントの八重歯もしっかりと再現しているのです。

原型は、おっちょ/スタジオGSが担当。セガプライズで数々のカワイイフィギュアを担当してきた原型師さんです。登場は4月上旬予定。同じ4月には『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』から『ソードアート・オンライン』アスナも登場予定です。

■関連リンク
セガプライズ
電撃文庫 FIGHTING CLIMAX 公式サイト

©SEGA ©2014 KADOKAWA アスキー・メディアワークス