【ワンフェス2014夏】データで見るワンフェス・入場者数は5万人越え!当日版権も『艦これ』

By on 2014年8月4日

ワンダーフェスティバル実行委員会から、今回のワンフェス各種データが発表されました。

動員データ

 総参加者数:50,787名(=一般+ディーラー+招待者)
参加ディーラー数:1,886件
当日版権許諾アイテム数:3,923件

今回は会場でも人多いなぁと言う声が上がっていましたが、実際5万人越え。これは夏のワンフェスとしては初めてのことで、2013年冬の51,226人に次ぐ数字です。前回の大雪のようなイレギュラーを除けば、前年の同じ季節の回に比べると入場人数は上昇傾向。

参加ディーラー数は奇しくも昨年夏のワンフェスとまったくの同数。会場の大きさが決まっている以上そんなに上下はないとはいえ、1ケタまで同じというのはちょっと珍しいかも。

当日版権関係

申請希望件数:5,172
本申請された件数:4,099
許諾された件数:3,923

ディーラー数も同じなので、当日版権の状況もさほど変化はありません。ただし、中身は変化があったようです。

上位タイトル3強(五十音順)
艦隊これくしょん~艦これ~
ガールズ&パンツァー
初音ミク シリーズ

上位3タイトルは冬と同じ。ただ、注釈として「前回と人気ランキングは同じですが、申請数では艦これが他を引き離して多いです」という一文も。海洋堂の公式チャンネルの番組「海洋堂でSHOW!?」でも、冬に比べるとガルパンが減って艦これが増えたというセンムの発言もありました。

実際に冬のワンフェス時はガイドブックで艦これを出す予定としていたディーラー数は130弱だったものが、今回は240弱。2倍まではいっていないものの、圧倒的に増えています。個数については前回はセンムが300点くらい申請があったと「海洋堂でSHOW!?」で発言していましたが、今回は特にありませんでした。比率から見ると500点くらいいってても不思議はありません。

 次回開催

次回ワンフェスは2015年2月8日。当日版権予備申請の締め切りは8月27日なので、ほぼ現在の状況での申請となります。当然『艦隊これくしょん-艦これ-』の数がかなり多くなるでしょうが、どの程度の数字になるか? 1月からアニメ放送もスタートすることですし、要注目です。

■関連リンク
ワンダーフェスティバル