スマホを使う新しいスタイルのフィギュア撮影&展示! FIGURE★STAGE 貸し出し企画も展開!

By on 2013年12月9日

買って集めたフィギュアをどう保存するか、どう飾るかというのはフィギュアファンの永遠のテーマの一つ。

それに対する新しい提案として登場したのが「FIGURE★STAGE」。まだ販売については未定ですが、原型師・ショップ・コレクター向けに貸し出し企画も行っているという展示台です(この企画については記事末で)。何が新しいのか、その概略を見てみましょう。

ステージ全体フィギュア専用として設計された物で、全高は44.5センチ、左右幅は32センチ、奥行きは30センチ。1/6スケールまでなら問題なく入りそうです。ケース内には前後左右の4つのフルカラーLED照明ターンテーブルを装備しているので、鑑賞のみならず撮影用にも使用可能です。

DSC_0050フィギュアを置くと基本はこんな感じとなります。

フルカラーLEDということはその色もコントロールできるということ。

Blue YELLOW
PINK green

こんな様々な照明効果が加えられるのですが、その4つのフルカラーLEDと回転台は、なんとスマートフォンからコントロール可能というのが他にはない大きな特徴なのです。

スマホでコントロール!

展示写真手前のものが、そのコントロールアプリケーションを入れたスマホです。

回転や照明(各ライトの明るさ調整や色)が手元でコントロールできるので、影の入れ方のコントロールやアングル決めなど、撮影にも使えます。wifi対応一眼レフカメラとの連携で、アプリからコントロールして撮影することも可能。さらには回転台とも連動した自動撮影にも対応、その画像をアニメーションGIFとして書き出すこともできるそうです。今後、アプリにはオリジナルフィルターや合成エフェクトも追加予定とのこと。

常設ディスプレイケースとしては、温度やUV(紫外線)センサーを搭載、それをアプリから管理できるという実用的な機能も。

さらに展示についても、“ステージ演出を行う”ということを意識しているという、いままでなかったコンセプトなのです。
写真の背面にある四角いものはipad(これは商品には含まれていません)で、これを使って好きな映像や音楽を流し、回転台や照明をコントロールすることでステージ風の演出を行えるというわけです。

さらには2つ以上をリンクさせることも出来ます。

DSC_0099 DSC_0084

 

実際に使用している動画もアップされているのでご覧ください。回転はけっこう速くきびきびと動いています。

アプリケーションの連動は様々な可能性を感じさせてくれます。

貸し出し企画実施中

 この商品は、Web関連の開発を行っているマインドフリー社が制作した物。
現在、販売については未定なのですが、ショップ、原型師、コレクターなどへの無料貸し出し企画を行っています。

・ワンフェスなどのイベントでディーラー展示用
・ショップ店頭展示や撮影会など

こういった用途で借りて試すことができるのです。オフィシャルページFacebookなどから詳細確認や問い合わせを!