• 月. 2月 6th, 2023

ホビーマニアックスHOBBY maniax

フィギュアを中心とするホビー系情報サイト

【レビュー】セガプライズ2月&3月登場『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』からハイディテールフィギュアのC2-B5™、AT-ACT ™、AT-ST™が続々と登場! 

セガプライズからは『スター・ウォーズ』関係のプライズも次々と登場していますが、いずれもハイクオリティな出来上がり。2月に登場したものと3月に登場予定のものの製品版でその出来をご覧いただきます。

DSC00654ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー プレミアム1/10スケールフィギュア #C2-B5™(2月第4週登場)

『スター・ウォーズ』の世界を代表するロボットデザインのアストロメク・ドロイドの「C2-B5™」が1/10スケールで登場。全高約10センチ。

DSC00649 DSC00671
DSC00651 DSC00653
DSC00669 DSC00667

劇中ではそんなに目立つ活躍はしませんでしたが、発表時は黒いR2-D2™が登場すると話題になったこのドロイド。マットな黒と銀のカラーリングはなかなかカッコいいデザインなのです。

立体としてもシャープに各所ディテールまで造形されていて、なかなかの密度感。

DSC00665ちなみに脚部の裏もちゃんと造形されています。

DSC00657 DSC00658

このデザインのドロイドなので、当然頭部は回転します!

DSC00675 DSC00679

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー プレミアム1/180スケールフィギュア #AT-ACT™(2月第4週登場)

『帝国の逆襲』で登場したAT-AT™に似たAT-ACT™カーゴ・ウォーカーもプライズで登場しています。1/180スケールで全長約19センチ全高約18センチという大きさ。

成形色だけで基本的に塗装は行われていないのですが、その分ディテールの細かさとギミックが充実しています。

DSC00692
DSC00697 DSC00694

まずオレンジ色のカーゴ部分は取り外しが可能。

DSC00686 DSC00689

首は上下左右に動きます。

DSC00684 DSC00682

右前足は回転可動軸軸ではないのですが、胴体部分と膝部分でパーツが分かれており、その接続角度を変えることで動きを付けることができます。

DSC00746 DSC00748

のぞき込まないと見えない部分もしっかりと造形されています!

DSC00699ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー プレミアム1/50スケールフィギュア#AT-ST™(3月第4週登場予定)

3月にはAT-ST™スカウト・ウォーカーが登場! 1/50スケールで全高約18センチという大きさ。

DSC00709 DSC00707
DSC00701 DSC00704

これも成形色で基本的に塗装は行われていないのですが、ディテールは細かく細いパーツも多数!

DSC00716 DSC00713
DSC00741 DSC00717
DSC00739 DSC00735

この造形密度を見て欲しい! よくぞここまでというものになっています。パイプなどで柔らかい素材も使用しています。

各所に可動ギミックも。

DSC00721 DSC00719

頭部は左右に振ることが可能。

DSC00724 DSC00726
DSC00732 DSC00729

頭部の3ヵ所の武装は上下・回転します。

最近のプライズのクオリティはかなりアップしていますが、そんな中でも今回製品版で紹介した3品は驚きの造形として仕上がっています。特にAT-ACT™AT-ST™は塗装したりジオラマ仕立てにしたりすると相当映えそうな出来。手に入れてぜひ作例を製作してみてください!

© & ™ Lucasfilm Ltd.

■関連リンク
セガプラザ