【レビュー】バンダイベンダー事業部「ドラゴンボール超 UGドラゴンボール10 」エフェクトパーツが効果的なデフォルメフィギュア

By on 2019年11月19日

『ドラゴンボール』シリーズのガシャポンとしては定番なのがデフォルメフィギュア。一口にデフォルメフィギュアといってもさまざまなスタイルのものがありますが、「ドラゴンボール超 UGドラゴンボール」は3~4頭身くらいのバランスで全高は約8センチ前後。この頭身なので頭も身体もそれなりのボリュームがあり、それに準じた造形や塗装密度もしっかりとあります。また、クリアーパーツやエフェクトパーツも印象的。

まず10月第1週から発売されている第10弾をチェックしてみましょう。

DSC07589 DSC07592
DSC07594 DSC07602
DSC07608

孫悟空(身勝手の極意)

このサイズでも道着のダメージ表現やシャドウ塗装はしっかりと行われています。筋肉表現も適度なデフォルメでシャープな仕上がり。このフィギュアは15歳以上が対象年齢なので、髪の毛やベースのエフェクトなどもキッチリ尖っています。

DSC07631 DSC07634
DSC07638 DSC07639
DSC07642 DSC07637
DSC07647

セル(完全体)

セル(完全体)はシリーズ初ラインナップ。表面の模様はしっかりと全身に入り、昆虫を思わせる黒光りする部分の質感はしっかり塗り分けられています。クリアーパーツはベースだけではなく、背中の針でも使用されていることにも注目。

DSC07649 DSC07616
DSC07655 DSC07626
DSC07657 DSC07621
DSC07653 DSC07617

超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ベジータ、超サイヤ人ベジータ

ベジータは超サイヤ人ゴッド超サイヤ人と超サイヤ人をラインナップ。ポーズが少し異なり、ベースもベジータが発行している色に合わせて変わっています。ベジータらしいイカリを見せる額の血管も注目ポイント。そして特に目が行くのはその髪の毛。ツンツンに尖った紙はいずれもクリアーパーツで成形。パール塗装の輝きと透明感が非常に効果的なのです。

ドラゴンボール超 UGドラゴンボール10

カプセルフィギュア
価格:1回500円(税込)
発売元:バンダイベンダー事業部
2019年10月発売


 

これだけクリアーパーツをうまく使っていると、実際に光らせてみたいとも思えるはず。ということで、併せて楽しめるフィギュア+台座がプレミアムバンダイで予約受付中。

1200_1200_gazo7UGドラゴンボール 孫悟空 (身勝手の極意”兆”)

フィギュア本体は孫悟空(身勝手の極意)と同じ原型ですが、身勝手の極意”兆”版ということで髪の毛は艶のある黒になり、右手は通常のモノに加えてクリアーパーツを使ったものも付属し、差し替え可能になっています。

1200_1200_gazo1 1200_1200_gazo2 1200_1200_gazo3 1200_1200_gazo4更にベースは一段とボリュームアップ! もはやカプセルには入りきらない大きさで、造形や塗装にもこだわったものになっています。

1200_1200_gazo5 1200_1200_gazo6そして台座には発光ギミックも仕組まれていて、クリアーパーツをより輝かせるのです。

0918_003常時発光のほかにユラユラ発光というパターンも。キレイに発光させるために、台座にはチップLEDを5個搭載しています。

ガシャポン版の孫悟空(身勝手の極意)を載せることも可能で、併せて揃えたいこだわったモノになっているのです。こちらの予約は11月21日23時までなので、お忘れ無く!

https://p-bandai.jp/item/item-1000137324/

UGドラゴンボール 孫悟空 (身勝手の極意”兆”)

カプセルフィギュア
価格:3,500円(税込)
発売元:バンダイベンダー事業部
2019年11月21日23時用開く受け付け終了
2020年3月発送予定

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

■関連リンク
バンダイ・ドラゴンボール超ガシャポンワールド