【レビュー】アルカディア・2つのバージョンのTERA エリーン スク水ver.

By on 2014年8月19日

アルカディアというメーカーの柱となる商品は少しおもしろいラインナップになっています。マクロス、ドールという根強いファンがいるジャンルに加えて、造形集団CERBERUS PROJECT TMが原型を担当したものが並ぶ、可動だったり固定ポーズだったりの美少女フィギュア。

CERBERUS PROJECT TMのフィギュアは女の子はもちろん可愛く作られていますが、それに加えて武器やメカ、衣装などで見せる超絶ディテールもその特徴。さらに物理的なサイズも大きめです。

最近一般販売され、ワンフェスでは限定版も販売された「TERA エリーン スク水ver.」もその特徴をすべて併せ持っています。美しい3Dグラフィックとアクション性の高い戦闘システムで知られる韓国ブルーホールスタジオ発のオンライン・ゲーム「TERA(テラ)」より作られたその商品版をじっくりとレビューしていきましょう。

DSC00681全高26センチというサイズはかなり大きい方ですが、それにもまして全長、すなわち奥行きが約36センチととんでもないことに。

DSC00692 DSC00711
DSC00696

前傾姿勢でさらに巨大な武器を前に突き出してるのでこんなことになっているのです。ポーズにしても、全体のバランスにしてもあまり他には無いスタイルのフィギュアになっています。飾る場所もかなり工夫しないといけません(笑)。

DSC00716その武器、「呪縛のデスサイズ」はサイズの大きさははもちろん、細かくカッチリとした造形、メタリックな塗装と見所たっぷり。

DSC00720『TERA 』のゲームキャラクターは3Dゲームではスタンダートな、アニメ的な顔でちょっと濃いめのキャラクター造形。CERBERUS PROJECT TMの造形ともマッチしています。

DSC00764 DSC00760
DSC00753 DSC00740
DSC00745

縦ロールが大きく広がった髪の毛の造形も細かく、前傾姿勢によって生まれる腰のひねり方・身体の流れもおもしろく。スク水の光っている質感も雰囲気があります。

DSC00769ここまで特殊なポーズだと保持力も心配になりますが、ベースに鉄の棒を使ってガッチリ支えています。ミラーベースになっていて、展示の楽しみも。

TERA エリーン スク水ver.

ノンスケールフィギュア:全高約26センチ(耳まで)、全長約36センチ(武器を持たせた状態)
原型:French Doll (Cerberus Project TM)
発売元:アルカディア
価格:14,000円+税
発売中

 

ワンフェスで販売された白スク水Ver.はすでに完売していますが、そちらもチェックしてみましょう。

DSC00772 DSC00811

基本的な造形は同じで、スク水の色と髪の毛の色が変更されています。青髪もクールな感じでなかなか似合っています。

DSC00782 DSC00786
DSC00794 DSC00800

紺色のスク水が白になることで印象がかなり変わります。テカっているのは同じですが、白スク水ならではの破壊力が。

 

アルカディアからは通常版のエリーンも発売されましたが(すでに完売)、通常版がキツネで衣装もディテールがいっぱい入った派手派手なのに対して、ウサギで武器は派手ながら衣装は究極にシンプルと対照的。通常版とこのスク水版の2つ(もしくは白スク水も含めて3つ)を並べてみるのも一興かと。

■関連リンク
アルカディア

TERA™ and “TERA : The Exiled Realm of Arborea” are trademarks of Bluehole Studio Inc. 
Copyright ⓒ 2007-2014 Bluehole Studio Inc. All rights reserved.