新フィギュアメーカー、フレアからCERBERUS PROJECT TMのTERA エリーン 桜花月影・流ver.登場!

By on 2014年11月13日

新たなフィギュアメーカー、フレアがスタート、その第1弾として「TERA エリーン 桜花月影・流ver.」を発表しました。そのデコマスの撮影をしてきましたので、ご覧いただきましょう。

DSC05571そのキャラクターの可愛さでも知られるMMORPG『TERA』。エリーンはその中でも人気の高い種族で、これまでもフィギュア化されてきました。今回フィギュア化された「桜花月影・流ver.」は、TERAガチャで人気の高かった忍者をモチーフとしたアバター。大きく複雑な形状の剣を背に、着物をアレンジしたニンジャコスチュームに網タイツ、足元にはキツネ面と和のテイストがいろいろと盛り込まれています。

DSC05627 DSC05654
DSC05677 DSC05709
DSC05720 DSC05764

原型はコレまでも他メーカーでエリーンフィギュアを発表してきたFrench Doll 氏(Cerberus Project TM)。いつもの氏の造形同様、大ボリュームでダイナミック、細かくカッチリとしたディテール。

DSC05598 DSC05642
DSC05800

そしてウサミミ付きの顔もキュート。特徴的な十字の瞳も塗装で再現されています。

DSC05672 DSC05705

むっちりと肉感的な太モモ。網タイツは本物を貼り込んでいます。

DSC05583片足立ちで、ベースは地面を再現したものに。咲いている花もポイント。妖狐の面は固定されていないので、好きな場所に置けるようになっています。

DSC05665 DSC05603

身に纏った桜花月影の装束・流。短くていろいろと見えている着物や帯の柄も細かいものになっています。着物はマジョーラ風の塗装で、光の当て方によって様々な見え方の色になります。この再現が商品版でどうなるかのも注目ポイントです。

DSC05715 DSC05743

美少女と大きな武器というのは立体映えするテーマ。桜花月影の大剣は裏表とも複雑なディテールが入り、単体でも見応え十分の立体物となっています。

フレアは7月に発足したばかりのメーカーですが、CERBERUS PROJECT TMや吉沢光正(REFLECT)氏と組んでフィギュアを作ってきた企画開発者が独立して作った新規メーカー。製造は申華ジャパンさんが行っていくとのことで、最終的な商品クオリティもかなり期待が持てます。また他社から引き継いだ吉沢光正氏(REFLECT)原型の「ベヨネッタ」の製作も発表されており、他にも新作フィギュアを続々企画しているとのこと。今後の動向も要注目!のメーカーなのです。

TERA  エリーン 桜花月影・流ver.

ノンスケールフィギュア:全高約27.5センチ
原型:French Doll (Cerberus Project TM)
発売元:フレア
価格:14,000円(税抜)
2015年4月発売予定
※写真は塗装見本品です。

TERA™ and “TERA : The Exiled Realm of Arborea” are trademarks of Bluehole Studio Inc.
Copyright © 2007-2015 Bluehole Studio Inc. All rights reserved.

■関連リンク
フレア