【レビュー】BEACH QUEENSめだかボックス、対照的な2人のフィギュア

By on 2013年10月7日

ウェーブのBEACH QUEENS新作、『めだかボックス』の黒神めだかと不知火半袖。キャラ設定上でもフィギュアとしてもいろんな意味で対照的な2人が同時発売されました!

黒神めだか

DSC01536絵のモデルを頼まれた際に身につけていたビキニで立体化。身長は高く、出るとこは思いっきり出て、引っ込むところは思いっきり引っ込んでいるメリハリのきいた体型をフィギュア化しています。全高17センチというのはBQシリーズ全体の中でもトップクラス。しかもこの17センチにはアホ毛の分ははいっていません!

DSC01523

DSC01538 DSC01540

自己主張の激しいアホ毛に、布面積が少なくて多めの露出。原型はBEACH QUEENSの原型を多数手がけ、ラインナップの質・量を支えている原型師の1人とも言える、HOKUSOH氏が担当しています。

TFC「BEACH QUEENS」シリーズ
黒神 めだか
『めだかボックス』

1/10スケール:全高約17センチ
原型:HOKUSOH
発売元:ウェーブ
価格:3,990円(税込)
2013年10月発売・発売中

 

不知火半袖

DSC01556同じく絵のモデルになった際の水着姿というか、スク水姿。めだかとは対照的な低身長&つるぺた体型。

DSC01557

DSC01561 DSC01567

アホ毛も細くてシュッと長いめだかに対して、短くねじ曲がって太く。体型はどこまでも真っ平らで、胸の文字にはゆがみすらありません。

DSC01543 DSC01548

浮き輪は着脱可能。BEACH QUEENSの浮き輪は『らき☆すた』の柊かがみに付いたのが最初で、ビーチの小物としていくつかのフィギュアに付いています。ただ、中心の穴は意外と細いので実際に装着するにはキャラの体型ももちろん、原型上の工夫も重要な要素です。スク水で分割しやすく、さらに頭部が外せるネックジョイント【H】なので、無理せず着脱が可能になっています。

原型は「鶴の館」の千鶴さん。こういう体型のフィギュアも得意とする原型師さんなのです。

TFC「BEACH QUEENS」シリーズ
不知火 半袖
『めだかボックス』

1/10スケール:全高約14センチ
原型:千鶴(鶴の館)
発売元:ウェーブ
価格:3,990円(税込)
2013年10月発売・発売中

 

DSC01578並べてみるとこんなにいろいろ対照的! 知らなければ同じ作品のキャラとは思えないかも(笑)。

©2012 西尾維新・暁月あきら/集英社・箱庭学園生徒会