• 水. 11月 30th, 2022

ホビーマニアックスHOBBY maniax

フィギュアを中心とするホビー系情報サイト

【魂ネイション2015レポート】次世代のフィギュア! ボディくん&ボディちゃん、デジタル彩色

魂ネイション2015から、NEXT GENERATIONと題されたコーナーでは、新たな提案と新たな技術の展示がありました。

DSC08716DSC08713

まずはボディくんとボディちゃん。いわゆる素体フィギュアです。このGlasyのDX版とPale Orange(いわゆる肌色)の通常版があります。

DSC08721 DSC08722
DSC08731 DSC08730
DSC08735 DSC08734
DSC08739 DSC08738
DSC08741 DSC08742
DSC08744
DSC08726

ディスプレイではエフェクトパーツを使ったネタ的なものがいろいろ展示されています。

もちろんこういったお遊び的なものだけではありません。

DSC08748DSC08750イラスト作成のためのサポートアイテムとしての提案で、サンプルもいろいろ。公式サイト(http://tamashii.jp/special/body_kun/)にも力が入っています。

DSC08753 DSC08754
DSC08760 DSC08757
DSC08766 DSC08762

上からbob、星野リリィ、由良。

画材店で販売されている普通のポーズ人形は可動範囲が狭いのですが、これならかなり自由にポーズを作れるのです。漫画家の藤田和日郎が他社の可動フィギュアですがポーズを作って描いている様子がTVで流れたりもしていましたし、実用性もしっかりありそうです。

技術そのものは数年前から開発されていましたが、このところひとつの成果が見え始めているのがデジタル彩色

DSC08768

今回発表となったのがフレディ・マーキュリー。

DSC08779 DSC08783

さらにこれまで発表済みなのがブルース・リーとオビ=ワン・ケノービ。

DSC08790 DSC08793
DSC08827

会場には撮影禁止でトニー・スターク、ルーク・スカイウォーカー(エピソードⅣ)、メイス・ウィンドゥ(エピソードⅡ)も。

デジタル技術を使って実在の人物をフィギュア化するということはけっこう以前から行われています。アメリカでデジタルスキャンを使ってプロレスラーのフィギュアを作ったりというのもありましたが、サイズが違うとそのまま出力しててもまるで似ません。サイズなりのデフォルメを加えないと、雰囲気が出ないのです。ホットトイズのフィギュアはその良い方の例ですね。

このバンダイのフィギュアは造形センスとデジタルを使った技術が高いところで融合してきています。デジタル彩色が出始めた頃は、細かい塗装が行えるということがアピールされていましたが、さらに使い方がこなれてきているようです。とにかくぱっと見た目で似てるのです。おそらく写真で見るよりも実物を見た方がより伝わると思うので、どこかでぜひご覧になってください。

どんどん状況が変化しつつあるフィギュア業界、こういう新しい試みには注目です。

■関連リンク
魂ネイション2015