【プレビュー】話題のダイキ工業の可動おやじフィギュアはこんなポーズも決まります!

By on 2017年5月22日

今年発表された様々なフィギュアの中でも、インパクトということでは間違いなくトップクラスと言えるのが、ダイキ工業の「おやじ」。イラストレーター・水原マサキ氏が描いたオリジナルイラストの「おやじ」をモチーフにして、佐藤弘氏(OVER DARD)が原型製作、しかもそれが可動フィギュアになっているというとんでもない仕様です。

これまで可動フィギュアはいろいろと出ていますが、こんな体型でこんな表情、こんなキャラクター性のものはありませんでした。反響がどうなるか、ダイキ工業さんも読めなかったそうですが、発表してみたら大好評! 予約もなかなか集まっているそうです。

ということでダイキ工業さんに伺ってその「おやじ」フィギュアの写真をあれこれ撮ってきました。その商品詳細(エロ系ギミック含む)についてはダイキ工業のウェブサイトでしっかりと掲載されているのでそちらを確認して欲しいのですが、本サイトではそのポーズバリエーションをお贈りします。ポーズ付けは可動フィギュアを得意とするホビー系ライターのTAC☆氏にお願いしました。

DSC00749 DSC00757
DSC00754

まず基本的なポーズから。タルのようなお腹にはげ頭、すね毛や胸毛など体毛もしっかり描かれています。背中には市販スタンドで使える穴も空いています。

DSC00775 DSC00761
DSC00764

立ちポーズバリエーション。いわゆるオヤジ体形でもかっこよく(?)ポーズが決まります。

TAC☆氏曰く、他の可動フィギュアにはないこの体形だからこその特徴として、腹が下の腰パーツに乗る形での分割になっているので、左右に身体をひねるポーズを付けたときにも腹肉が揺れるような嫌な躍動感が出て良いと思いますとのこと。

DSC00779脚も意外と上がります。

DSC00769 DSC00783

ひざ立ちや胡座も。この体形だと胡座がとっても似合います。オプションパーツで変態紳士ぶりを増すことも(笑)。

DSC00805下着はキャストオフ可能。

DSC00791付属するシスターのフィギュアは無可動ですが、首にジョイントがあるので他のキャラを持ってくることも可能!?

DSC00794DSC00798TAC☆氏の持ち込んだドール&フィギュア用背景セットで。和室も良いのですが、こんなハイカラな洋室も意外と似合います!?

水原氏と佐藤氏はこれまでも様々な美女フィギュアを生み出してきたのですが、まさかその新作がこんなものとは(笑)。ずいぶん以前から商品企画があるのはうかがっていたのですが、本当に商品化されたのはある意味快挙!?

これまで可動フィギュアの変態紳士枠では某カウボーイが定番でしたが、このおやじ発売後はさらにとんでもない写真がちまたに溢れることになりそうです。どんなキャラがその毒牙にかかることになるのか!? ちょうど先日他メーカーから発表されたばかりのマジックミラー積んだ車とはサイズ的にも相性良さそうですし(笑)。

大好評のようですし、シリーズ化も期待したいところ。表情換えだったりも良いのですが、ここはぜひ肌を緑にして牙をはやしたオークVer.を出してファンタジーキャラ対応を期待したいところです!

おやじ

1/12スケール可動フィギュア:全高約15センチ(おやじ)、全長約7センチ(シスター)
原型:佐藤 弘(OVER DARD)
発売元:ダイキ工業
価格:12,420円(税込)
2017年9月発売予定

© 水原マサキ・OVER DARD/ダイキ工業

■関連リンク
ダイキ工業