【レビュー】ダイキ工業『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』破壊大帝メガトロンのガンモードが水鉄砲に!

By on 2020年11月20日

さまざまな銃型のプロップをリアルな造形の水鉄砲として発売しているダイキ工業。その最新作として、『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』の破壊大帝メガトロンのガンモードが登場します。

DSC00871メガトロンのガンモードと言えば、P-38タイプ。実銃を参考にしつつ、銃身が少し太めというアニメでのデザインを再現しています。

DSC00876 DSC00874 DSC00882各所ディテールも精密な造形。

DSC00879 DSC00884上部パーツをスライドさせると、水を入れるための口&キャップが見えます。

DSC00866さらにエクステンションバレルやスコープ、スケルトンストックも付属。

組み合わせると……。

DSC00834狙撃スタイルのカービンにすることも可能なのです。

DSC00845 DSC00847 DSC00840 DSC00842DSC00852 DSC00862 DSC00860狙撃スタイルでのディテールも細かく造形されています。スコープにもしっかりと昇順が入っているのです。

DSC00900この水鉄砲は、最初のオモチャの構成をリスペクトしたものになっていますが、サイズは実銃合わせで少し大きめに。もちろんトランスフォームギミックは搭載されていないのですが……。

DSC00850このストックを見れば分かるように、トランスフォームで必要だったパーツ構成を模したものになっているのです。限りないオリジナルのオモチャへのリスペクト!

DSC00893 DSC00897なお、エクステンションバレルをつける際には外すことになる銃身の先端部分はこのストック内に格納可能。パーツを無くしにくいようにする工夫も加えられているのです。

DSC00906ということで、実際に持ってみるとこんなリアルなサイズ感。まさしく大人のための水鉄砲なのです。

トランスフォーマーファンなら必携と言えるこのアイテム、確実に手に入れるには11月27日までの予約が必要なので、お忘れ無く!

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー 破壊大帝メガトロン

NONスケール:付属パーツ装着時・全長約62.5センチ、メガトロン本体・全長約22.2センチ
企画・原型製作:モデルワークスグレネード
発売元:ダイキ工業
価格:7,000円(税別)
2021年2月発売予定

©TOMY   「トランスフォーマー」「TRANSFORMERS」は株式会社タカラトミーの登録商標です。

■関連リンク
ダイキ工業