【レビュー】ダイキ工業「卵の黄身オリジナルイラスト 狐耳さん」温めるとタトゥーの色が薄くなる特別仕様!

By on 2020年12月22日
Prev1 of 2Next

ダイキ工業のダイキングダムシリーズ と銘打たれたフィギュアシリーズ第1弾として「卵の黄身オリジナルイラスト 狐耳さん」が登場!

DSC00920このフィギュアはイラストレーターの卵の黄身氏が描いたオリジナルキャラクターの立体化。もともと描かれていたのは上半身のみだったのですが、このフィギュアのために全身を描き、ポーズも変えているのです。

DSC00939 DSC00946 DSC00966 DSC00958 DSC00951狐耳&シッポで全身タトゥーの獣人娘という、これまでのダイキ工業のフィギュアにはあまりなかったタイプ。ワイルドさが魅力的です。原型はこれまでも数多くのフィギュアを手掛けてきている乙山法純氏が手掛けています。

DSC00970 DSC00929 DSC00942 DSC00985 DSC00993 DSC00981 DSC00974 DSC00962 DSC00948 DSC00955

耳やシッポのボリューム感や造形密度は獣娘としての説得力を増しています。さらに手足の指の造形&カラーリングは人外感を高めるワンポイントとして効果的。

タトゥーが入っているとはいえ造形的には全裸なので、成型のためのパーツ分割はなかなかの難問。ですが全身に入っているタトゥーや髪の毛の配置などを上手く利用して、分割部分に気付きにくいよう工夫されています。

この写真はすでにPVCになっているサンプルなのですが、タトゥーもズレなくカッチリと入っているというのにも注目してください。

Prev1 of 2Next