【コトブキヤ・フィギュア系新作】そらおと、シャイニング、進撃の巨人、etc.

By on 2014年4月14日

最近発表されたコトブキヤの新作からフィギュア系を中心にピックアップして、まとめてお送りします。

イカロス

ikaros_IMG_08860_R4月末に公開となる映画『そらのおとしものFinal 永遠の私の鳥籠』からイカロス。

ikaros_IMG_08873_R ikaros_IMG_08884_R
ikaros_IMG_08879_R ikaros_IMG_08878_R
ikaros_IMG_08891_R ikaros_IMG_08889_R

フェティッシュなシチュエーションをポイントとする「4-Leaves」シリーズとしての登場です。手を差しのばしたポーズですが、付属のスイカを置けば、たちまちスイカを愛でるポーズに。表情もそのシチュエーション次第で、何かを伝えようとしているようにも、単にポヤヤンとしてるようにも見えます。フィギュアとしても立体映えするダイナマイトボディはもちろん、複雑なラインを描く髪とリボン、パール塗装の施された翅など、見所がいっぱい!

イカロス
『そらのおとしものFinal 永遠の私の鳥籠』

1/6スケールフィギュア:全高約15センチ
原型:海鞘満
発売元:コトブキヤ
価格:12,000円+税
2014年8月発売予定

©2014 水無月すう/KADOKAWA 角川書店刊/空美町パートナーズ

キルマリア・アイディーン

kilmaria_0390_R『シャイニング』シリーズ最新作として、『シャイニング・アーク』からキルマリア・アイディーンが登場。

kilmaria_0406_R kilmaria_0409_R kilmaria_0413_R
kilmaria_0378_R kilmaria_0377_R kilmaria_0376_R

メインヒロインのパニスを悪魔だと信じて追い続け、自分の信じる正義のためなら周りが見えなくなり暴走する緋眼の祓魔師。その長髪や衣装は黒づくめ、対してスラッと伸びた脚線美が非常に好対照。

kilmaria_0424_R kilmaria_09999_14_R

手にした2丁の拳銃は細かいディテールまで再現しています。さらに右上の大型のリボルバー拳銃「サーペントHB」が初回限定でついてきます。

キルマリア・アイディーン
『シャイニング・アーク』

1/8スケールフィギュア:全高約20センチ
原型:右藏
発売元:コトブキヤ
価格:9,800円+税
2014年8月発売予定

©SEGA

ARTFX J エレン・イェーガー

eren_0036_Rコトブキヤからも『進撃の巨人』フィギュアが登場。第1弾はエレンから。

eren_0049_R eren_0038_R
eren_0045_R eren_0052_R

『進撃の巨人』フィギュアでは動きのあるポーズの物も多いですが、コトブキヤのこのエレンの動きは極めつけに派手な物になっています。森の中での戦闘をイメージしてベースに大木(切り傷も!)を使い、空中でまさに切りつけんとする一瞬を切り取ったものに。

eren_0054_R eren_0064_R マントは取り外し可能で、背中には調査兵団のエンブレムも。

eren_0067_R『進撃の巨人』立体化のひとつの見所である立体機動装置はもちろん細かいところまで作り込まれています。

ARTFX J エレン・イェーガー
『進撃の巨人』

1/8スケールフィギュア:全高約26センチ
原型:タナベシン
発売元:コトブキヤ
価格:11,000円+税
2014年8月発売予定

©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

DC COMICS 美少女 スターファイア

starfire_1638アメコミ系、DC美少女ではスターファイアが登場。

starfire_1673 starfire_1659
starfire_1648 starfire_1646

日本だと、スターファイアはカートゥンネットワークで放送している『ティーン・タイタンズ』版が一番おなじみかもしれません。パフィが主題歌を歌い(アメリカで放送されたオリジナルでも)、演出やデフォルメシーンなど日本のアニメの影響を受けていると言われる同作品ですが、その影響の受け方とはまた別の方向の日本のアニメテイスト、萌え美少女要素たっぷりでこのフィギュアは作られています。もちろんそのアレンジデザインはおなじみの山下しゅんや氏によるもので、よりセクシーに!

DC COMICS 美少女 スターファイア
『THE NEW TEEN TITANS』

1/7スケールフィギュア:全高約21.5センチ
原型:ホガリー(ジェットストリーム)
発売元:コトブキヤ
価格:7,200円+税
2014年9月発売予定

TM & © DC Comics.
(s14

ARTFX+ ロケットラクーン

artfxp_RRaccoon_0314_0638アメコミ系でもうひとつ。9月に映画公開予定の『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』(原題)からロケットラクーン。

artfxp_RRaccoon_0314_0650 artfxp_RRaccoon_0314_0647
artfxp_RRaccoon_0314_0651 artfxp_RRaccoon_0314_0633

外見はキュートなアライグマ、しかしその実態は遺伝子操作により、重火器を操る超・凶暴、超・凶悪、超・口の悪いスーパーヒーロー、ロケットラクーンを最速で立体化しています。歯をむき出した良い表情、台座の相棒のグルーのボリュームトや手にした重火器の作り込みなど、見所もいっぱい。

ARTFX+ ロケットラクーン
『GUARDIANS OF THE GALAXY』

1/10スケールフィギュア:全高約14センチ(台座込み)
原型:阿部順之介(RESTORE)
発売元:コトブキヤ
価格:5,500円+税
2014年8月発売予定

© MARVEL

KOS-MOS Ver.1

これはプラモデルですが、女性キャラクターなのでちょっとご紹介。

kosmos_ver1_09999_8コトブキヤから出るKOS-MOSとしては3つめのプラモデル。Ver.1は田中久仁彦氏のキャラデザイン。

kosmos_ver1_09999_1 kosmos_ver1_09999_2
kosmos_ver1_09999_5 kosmos_ver1_09999_7
kosmos_ver1_09999_92

KOS-MOSらしいオプションも多数付属、“瞳”の塗装や“肌”のつや消し加工によって組み立てただけでも満足度の高いキャラクタープラモデルになっています。

キャラクタープラモデルは大昔だと『うる星やつら』『機動戦士ガンダム』等いろいろありましたが、今後どんなものが出てどう進歩し、どう反響があるので注目したいジャンルです。

KOS-MOS Ver.1
『ゼノサーガI』

1/12スケールプラモデル
原型:伊藤霊一、糸山雄大
発売元:コトブキヤ
価格:4,800円+税
2014年7月発売予定

©NBGI