【プレビュー】ドクロのマークはエースの印! 『マクロスゼロ』ロイ・フォッカー搭乗の「VF-0S」がアルカディアから12月発売!

By on 2015年8月31日

アルカディアの1/60マクロスシリーズの新作として「1/60 完全変形VF-0S フェニックス」が12月発売。すでに予約がスタートしています。アルカディアから発表されているリリース写真に加えて、デコマスを撮り下ろしてきた各部写真でディテールをご覧いただきましょう。

まずはファイター形態から。

0Sデコマス_F1 0Sデコマス_F3
0Sデコマス_F2

ファイター形態での機体の薄さ、かっこよさはこのシリーズのキモ。現用戦闘機を思わせるフォルムです。

DSC08019 DSC08029
DSC08044 DSC08056
DSC08062 DSC08069
DSC08070 DSC08081

撮り下ろし写真による各部ディテール。カッチリとシャープに造形され、雰囲気を盛り上げるマーキングや細部メカも。

0Sデコマス_F4 0Sデコマス_F5

脚部用のコンフォーマルタンクをつけることもできます。

DSC08084 DSC08091

つけてもシルエットを崩さない形でしっくりきます。

続いてはガウォーク。

0Sデコマス_G1
0Sデコマス_G2 0Sデコマス_G3

可変戦闘機ならでは、マクロスシリーズを代表する形態。これももちろんカッチリと決まっています。

0Sデコマス_B1 0Sデコマス_B3
0Sデコマス_B4 0Sデコマス_B5

バトロイド形態をリリース写真で。脚部用のコンフォーマルタンク付のものもあわせてご覧ください。

DSC08104 DSC08132
DSC08141 DSC08155
DSC08163 DSC08134
DSC08114

バトロイド形態各所アップ。関節等、内部機構が見えることでファイターよりもメカメカしくなっています。

この「VF-0S」の最大の魅力のひとつは胸のスカルマーク。最初の『超時空要塞マクロス』以来のエースの証しであり、この「VF-0S」も同じくロイ・フォッカーが搭乗した機体。やはり白を基調にしたカラーリングとドクロのマークは映えます。このスカルマークは付け替えではなく、変形に合わせて位置を変えることができるのです。

DSC08181 DSC08176
DSC08186

特徴的なガンポッドも細かいディテールまで入っています。下の方の写真のように手に持たせることももちろんできます。

ギミック的にも変形に合わせてコックピットシートがちゃんと回転したり、股関節スライド機構により、開脚角度を拡げられたり、最新の機構が搭載されています。

付属品としては、ガンポッド、パイロットフィギュア、中距離空対空ミサイル、コンフォーマルタンク、予備ピトー管、スタンド用アタッチメント、取扱説明書、マーキングステッカーが付いています。

価格はどうしても高めになっています(先日アルカディアのブログでその理由も書かれています。いまのフィギュアの状況も分かるものになってるので必読!)が、ボリュームと満足感は見合うものになっているかと。

DSC08205『マクロスゼロ』からは主人公工藤シンが搭乗するVF-0Aもこの8月に発売となったばかり。あわせて揃えましょう!

1/60 完全変形VF-0S フェニックス
『マクロスゼロ』

1/60スケール可動フィギュア:ファイター時全長約32センチ
設計協力:㈱T-REX (元木 博行)
発売元:アルカディア
価格:34,800円(税抜)
2015年12月発売予定

©2002 ビックウエスト

■関連リンク
アルカディア